読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの散歩道

生活全般の役立つ情報を発信していきます。時には世の中の出来事に喝を入れます。

巨人の鈴木尚広のホームランは珍しいのか?代走スペシャリストとしての今後は?

f:id:yamadayaa:20160223103743j:plain

野球好きの方なら巨人の鈴木尚広選手をご存じでしょう。

そう、今では球界を代表する代走のスペシャリストです。

試合の終盤戦に登場する彼の足は相手チームにとって脅威となっているはずです。

よく代代の切り札っていうのは存在しますが、代走の切り札を持っているチームは今のプロ野球界では唯一のジャイアンツだけです。

 

鈴木尚広はホームランを打てるのか

さて、そんな鈴木尚広選手ですがたまに打席に立つことがあります。

それは、代走で出場して勝ち越しのホームを踏んだ後にそのまま守備についていたらその回に追いつかれたりした時に延長戦にもつれ込んで打席が回ってきた。

そんなケースはシーズンを通せば意外とよくあるんですね。

 

たまに、サヨナラヒットを打ったりすることもありますが、「らしくない鈴木」と冷やかされたりしていますね。

それだけ打席に立って打つ機会が減ったということですね。

 

そもそも入団した時から、このような選手起用ではなかったのは当然です。

代走専門の選手をドラフトでとることはなく、プロに入ってから適職を見つけていきついた結果が走り屋ということになったのです。

同じ元巨人で活躍した川相氏も高校までは4番でピッチャーだったのが、プロに入って2番バッターとしてバント職人に生きる道を見出したのです。

 

話がそれますが、元プロ野球選手の清原氏はホームランバッターで入団してそのままホームランバッターとしてプロで活躍できたスーパースターということが言えます。

⇒清原和博のPL学園伝説はこちら

 

鈴木尚広選手は実は以外にパンチ力のあるバッターなのです。

ブレイクしたのは2008年で1番バッターとしてホームランを打つことも珍しくなく、打てて走れる選手だったのです。

その年の日本シリーズでも走るよりも打つ方で活躍したんです。

なんと日本シリーズ優秀選手賞までとったんですね。

ですから、今ではホームランを打つことが珍しいのですが、当時はホームランも打っていたし打撃の方に期待していました。

 

 

代走スペシャリストとしての今後は?

年齢から考えるとおそらくこのまま代走専門として起用されるでしょう。

あとは何年現役でできるかどうかですね。

これは、他の選手がどれくらい成長してくるか、チームにとってまだ必要なのかで判断されるでしょう。

代走のスペシャリストはチームにとって貴重な存在であります。

この先は走れるまで現役にこだわってもらいたいところであります。