読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの散歩道

生活全般の役立つ情報を発信していきます。時には世の中の出来事に喝を入れます。

世界卓球男子の準々決勝で吉村真春が大逆転|丹羽の調子が心配!

2016世界卓球男子の準々決勝がありました。

3月4日金曜日の17時30分から当然テレビ東京で中継があるものだと思い込んでいたら中継なし。なぜこんな大事な試合を中継しないのか?と憤慨している方も多数いるにではないでしょうか。

対戦相手の香港はロンドンオリンピックの準々決勝でまさかの敗戦をしてしまったチームです。当時のチームは水谷が2勝しても岸川や丹羽が勝てなく敗戦してしまいました。オリンピックの団体戦はダブルスがあり、ダブルスが上手いチームが絶対的に有利になります。

 

テレビ中継は土曜日にありましたね。

なぜ生中継をしないのか疑問は残りますが、この試合の勝利のポイントは2番手の吉村

真春です。吉村真春といえばサーブです。⇒吉村真春についての詳細はこちらをご覧ください!

2セット取られた後からの奇跡の大逆転で見事な勝利でした。

 

男子のラリー戦は女子にはない迫力があるのに、なぜこんないい試合を中継しないで女子ばかり中継するのは考えてもらいたいです。

 

20時からは女子の北朝鮮との準決勝を中継していました。卓球ファンからしてみれば男子の中継を見たい人が多いはずです。

 

丹羽の調子は大丈夫か?

リオオリンピックに内定している丹羽の調子が悪いですね。前日のポルトガルとの試合ではフレイタス相手に圧倒的な力で勝ったのに今日の試合はいいところなしでした。

丹羽は、何か迷っているのかもしれないのでこの大会では外して大島か松平健太を使った方がいいでしょう。

いずれにしてもオリンピックでは、調子を戻してもらいたいところです。