読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの散歩道

生活全般の役立つ情報を発信していきます。時には世の中の出来事に喝を入れます。

白鵬が優勝インタビューで泣く|これが本当の勝負師だ!

f:id:yamadayaa:20160327230135j:plain

大相撲春場所白鵬の4場所ぶりの優勝で終わりました。

しかし、千秋楽の結びの一番は白鵬が立ち合いに変わって思わぬあけない形で勝負が決まりました。

これに対して、解説の北の富士舞の海は「横綱が真正面から受けないというのは見たことがない」というようなニュアンスで勝った白鵬に対して批判ばかりをしていました。

果たして、白鵬は悪いことをしたのでしょうか?

今回の白鵬の千秋楽の相撲について考えてみました。

 

白鵬が謝る必要はない

白鵬は以前から「ダメ押し」「エルボー」など問題があり注意されてきましたから、余計に相撲内容について批判の対象になったのだと思います。

優勝インタビューで、「最後にあんな相撲で申し訳ありません」と優勝したのに謝罪をする必要があったのか疑問を持ちました。

 

確かに、会場まで足を運んで観客の方にとっては、横綱同士の白熱した勝負を期待していたことでしょう。ファンあっての大相撲ですからね。

 

今場所の白鵬は本当に強さを感じました。

稀勢の里との一番はまだまだ他の力士との力の差があると感じさせる内容でした。

 

今場所の注目は琴奨菊が連続優勝して横綱になれるかどうかでしたが、序盤で黒星がついて早くも優勝争いから脱落し主役はまた白鵬になってしまいました。

やはり琴奨菊は予想どおり場所前に行事ばかりに参加して稽古不足が原因だったようですね。

 

今の日本人に足りないのは白鵬のように勝負に徹する気持ちかもしれません。

相撲内容に注文をつけられるのは白鵬の強さを認めているからこそであると思います。

 

ただ、優勝インタビュー中に優勝者に対して変なヤジはやめてほしいですし、謝ることもないでしょう。

まだまだ日本人横綱が誕生するまでに時間がかかるかもしれませんね。

 

 

 

biribiri.hatenadiary.com